epo
AQUA NOME
(XQGR-1001)2009

全曲参加

10年も前から、1年に一回ぐらいのわりで東京でライブを続けていたユニットの、「デビュー」盤。海千山千のメンバーが10年間温め続けたレパートリーなので、どれも「重量級」の演奏になっている。スタジオレコーディングとライブレコーディングの温顔が混在しているが、ライブ音源の意識の飛び方の凄さが、スタジオレコーディングではどうしても肥えられなかった故の「混在」。アタマより感覚、という、このEPOさんを中心にまとまるこのユニットの性質を表している。