Sonora
(SICL75)2003

1) PIECE OF THE FEATHER
(詞:アン・サリー/曲:笹子重治)
歌:ANN SALLY
2) 記憶
(詞:畠山美由紀/曲:秋岡欧)
歌:畠山美由紀
3) 蛸の女
(詞:青木里枝/曲:沢田穣治)
歌:青木里枝 from flex life
4) TUDO DE BOM
(詞:JOYCE/曲:笹子重治)
歌:JOYCE
5) LUZES
(詞:JOYCE/曲:沢田穣治)
歌:JOYCE
6) CANCAO DO TEMPO
(詞:JOYCE/曲:秋岡欧)
歌:JOYCE

演奏:ショーロ・クラブ
秋岡欧:バンドリン、12stギター (2)
沢田穣治:コントラバス、ピアノ(2)ノイズ(5)
笹子重治:ガットギター
マルコス・スザーノ:perc(4,5)
岡部洋一:perc(1,2)

ショーロ・クラブ初の、インストバンドとしては掟破り、全曲ボーカル入りのアルバムです。
前半3曲は、秋岡が畠山美由紀さんと、笹子がアン・サリーさんと、沢田がフレックス・ライフの青木里枝さんと、それぞれ楽曲を共作、プロデュースして の、ショーロ・クラブとの共演というカタチ。後半3曲は、ブラジルを代表する女性シンガーソングライターでありショーロ・クラブとも何度も共演している ジョイスとメンバー3人それぞれとの共作楽曲を、ショーロ・クラブの演奏とジョイスの歌で。
4人のボーカリストの個性が際だつと同時に、それにオーヴァーラップする形で、ショーロ・クラブの3人の個性も際だった、大変興味深いアルバムに仕上が りました。
レコーディング紀行(2003年2月)
レコーディング紀行(2003年8月)


以下は、アンサリーさんと笹子の共作楽曲
「PIECE OF THE FEATHER」の、アンさんご自身による日本語訳です。

■ひとひらの羽根
月が雲を追い 夜闇の深さは際立つ
蒼い影は私を覆い 深海の底に引き込む
悲しみを風が吹き飛ばしてくれたなら
灯りを求めて終わりなき夜を漂う

遠い空より 誰かが呼ぶ
見上げると 闇を野鳥が舞う
翳りある瞳の底にあるもの かなたの記憶が蘇り
ひとひらの羽根は 遠い安らぎの場所への鍵となる

外では真夜中の風が吹く 何かが変わりつつある
積み重なった悲しみを荷解こう
そして 陽は私を照らすだろう
私は飛ぼう 空へ 私は飛ぼう