FEEL SO COOL
(SRCS-7300)1994

全面プロデュース・アレンジ・演奏

70年代前後の洋楽ヒット曲をブラジル音楽にしてしまう、という「B級」企画モノ。しかし「B級」企画モノと言っても、笹子にとっては、実はもの凄く気に入ってる一枚なのです。自称「超B級大作」。
ブラジル音楽のパロディのようなものでもあり、どっかに聞いたようなメロディをわざと潜り込ませるような、「B級」ならではの遊びも取り入れつつ、実は相当凝った作りになっていたりします。
全部の曲にポルトガル語の歌詞がついて、ブラジル人女性歌手Wilmaがさん歌っています。

・・・、それにしても、当時の予算額が懐かしい・・。

1) You are the sunshine of my life
(S.wonder)
2) you'll never get to heavem
(B Bacharack)
3) Masquerade
(L Russell)
4) Fantasy
(M.White-E.Del barrio-V White)
5) Close to you
(Bacharack)
6) Tea for two
(V Youmans-I Caesar)
7) You make me feel brandnew
(L Creed-T bell)
8) Alone again
(G O'sullivar)
9) You are everything
(L Creed-T Bell)
10) I wanna be free
(Boyce&Hart)

笹子重治(guitar,arrange,produce)、
WILMA (vocal)、秋岡欧(cavaco,bandolim,viola caipira)、
加瀬達(contrabass)、菅野よう子(accordion,synthesizer,piano)、
岡部洋一(perc)、小畑和彦(guitar)、
村田陽一(trombone,horn arrange)、
城戸夕果(fl)、溝口肇(cello)、服部正美(perc)高桑英也(fl)、