Candlize
(TOCT-24655)

このアルバムにはオモシロイ経緯がありました。矢井田さんがブラジルで写真を撮ることになって、急遽レコーディングもしようということになり、宮沢和史さんの紹介でスザーノに協力を依頼、メンバーを掻き集めて音を録り、日本に持ち帰って聞いたところ、ギターを差し換えた方がイイことがわかった、と。で、スザーノに連絡したら、それではササゴに頼め、ということになったそうです。てなワケで、笹子は日本でも珍しい「スザーノに仕事をもらった男」です。それはさておき、矢井田さんの当時のプロデューサーの片岡さん(大島保克さんの飲み友達だった)とは、その後も何度かショーロ・クラブのライブを見に来ていただいている等、御縁が続いています。