お気に入りの歌
(TKCA-73379 )08年

 関係者間で「アラフォー企画」と呼称された企画モノ。40歳前後のリスナーにアンケートをとって、その世代の人達が好きな音楽をセレクトして、アコースティックサウンド&癒し系?ボーカルで再構成したもの。ううむ。
 このアルバムは、コーコーヤでとしての企画アルバムへの初参加でもある。何度かゲストとしてお手伝いをしている比屋定篤子さんの歌による「異邦人」(オリジナル:久保田早紀)「オリビアを聴きながら」(オリジナル:杏里)「 M 」(オリジナル:プリンセス・プリンセス)「雪の華」(オリジナル:中島美嘉)を、コーコーヤサウンドにアレンジして伴奏した。こういうかつての日本のポップスに関する企画でアレンジをする度に思うのだが、80年代を境に、曲が急速に「おんなじカンジ」になったように思う。商業音楽において「やっていいこと」が限定されるようになった、とでも言うか・・。個人的には、「異邦人」がダントツに面白かったです。