コーコーヤ
antique
(HRBD-008) 2008年

 デビュー盤となる今作は、山梨県のとある山中にあるカフェのロケーションをそのまま利用、水の音、風の音、鳥の声に抱かれた中、20世紀半ばのアンティーク機材を駆使して、「50年代の音」を忠実に再現、古き良き時代の空気感さえもそのまま閉じこめたかのような仕上がりとなりました。クラリネット、ヴァイオリン、ギターという、ありそうでいて実は斬新な編成、レパートリーの殆どがメンバーによるオリジナル、全てのトラックが録りなおしなしの真剣勝負、という中、昨今のレコーディング方法では得ることの出来なかった"新しくて懐かしい”、”暖かくてスリリング”な作品が、完成しました。

なお、このレコーディングについての、エンジニア側からの詳細を、エンジニアのシュガー・スペクター氏が文章にまとめてくださいました。

http://www.sasa-g.com/shugers/htm

01.炭酸水
(作曲:江藤有希)
02.3拍子ラブ
(作曲:笹子重治)
03.夕日のショッチ
(作曲:笹子重治)
04.雲のかたち feat.神田智子 from anonymass
(作曲:江藤有希)
05.Shin-kan-sen
(作曲:黒川紗恵子)
06.しとしと
(作曲:黒川紗恵子)
07.Caminhando
(作曲:Neison Cavaquinho)
08.ワルツ・パリィー
(作曲:笹子重治)
09.三月末の真夜中は feat.Saigenji
(作曲:黒川紗恵子)
10.日傘をさして
(作曲:江藤有希)
11.のんだくれ
(作曲:黒川紗恵子)
12.Marreco quer agua
(作曲:Pixinguinha)
13.Tango leggiero
(作曲:江藤有希 笹子重治)
14.ジンタ
(作曲:笹子重治)