ネーネーズ/ユンタ
(Kyoon Sony Records KSC2 16)
 92年

田中勝則君の紹介で、ネーネーズのレコーディングに参加しました。当時、まだ「ブラジル音楽」以外は殆どプロとしての演奏経験の無かった笹子としては、初めての「異種格闘技戦」のような気持ちで臨みました。
 途中、既に歌入れを控えたネーネーズのみなさんがスタジオに合流、その中でも古謝美佐子さんは、とてもフレンドリーに話しかけてくれました。今に至るまでご縁が続くとは、当時は想像していなかったです。